大口よしのりの政策・実績

大口よしのり政策提言

大口よしのり政策提言

2016年10月18日

『ハンドブック 成年後見2法』の書評が掲載されました!

8月31日に刊行された『ハンドブック 成年後見2法』(大口よしのり共著・創英社/三省堂刊)の書評が、時事通信社発行の『厚生福祉』の新刊案内で取り上げられました。

書評では、「成年後見2法の根底に流れる思想を知る上で欠かせない一冊で、関係者が原点に立ち返る際の指針となるのは間違いない。」と評価されている。
:20161004〔厚生福祉〕書評/ハンドブック成年後見2法

2016年8月26日

ストーカー対策強化へ―与党ワーキングチーム―改正法案で合意

:20160821公明新聞/ストーカー対策強化へ

2016年8月24日

「ハンドブック成年後見2法」刊行のご案内

 私が5年半以上にわたって取り組んできた「成年後見制度利用促進法」が本年4月に成立したことを受け、成年後見2法を成立させることになった背景、成年後見2法の解説、今後の課題等についてまとめたものです。立法に携わった自民党と公明党の国会議員4人の共著となっております。


 
 成年後見2法は成立しましたが、その内容の具体化はこれからです。今後2年以内に現在の成年後見制度に関する諸課題を解決するため、国が基本計画を策定し、3年以内に法整備を含めて対応を図ることは、容易なことではありません。内閣府に総理を会長とする成年後見制度利用促進会議を設置し、政府全体で取り組みが図られることになります。

 このハンドブックによって、少しでも成年後見2法の理解が深まり、各地域においても成年後見制度の利用が促進されるようになることを願っております。

〔書 名〕「ハンドブック成年後見2法―成年後見制度利用促進法、民法及び家事事件手続法改正法の解説―」
〔出版社〕創英社/三省堂書店
〔定 価〕2,778円(税込3,000円)

2014年9月19日

特定秘密保護法の政令及び運用基準に関する確認事項について

9月17日に開催した党の特定秘密保護法のフォローアップに関するプロジェクトチーム(座長=大口よしのり衆議院議員)で、大口座長が提示した政令案及び運用基準案に関する確認事項について、内閣官房特定秘密保護法施行準備室からの回答を掲載します。

政令案・運用基準案に対する確認事項

2014年7月9日

国会に設置される「情報監視審査会」等に関するQ&A

特定秘密保護法の運用を監視する常設機関「情報監視審査会」を衆参両院に新設するための国会法改正案は6月20日夕刻に開かれた参議院本会議で採決され、自民、公明の与党両党などの賛成多数で可決・成立しました。

これは、大口よしのり衆議院議員(公明党特定秘密保護法のフォローアップに関するPT座長)が自民、公明両党の「与党国会及び政府の情報機能の強化に関するプロジェクトチーム」の公明党側の責任者として、終始論議をリードして法案のとりまとめに尽力し、通常国会の事実上の最終日に成立にこぎつけたものです。

その情報監視審査会についてのQ&Aを掲載します。

:国会に設置される「情報監視審査会」等に関するQ&A._

 

大口よしのりについて
大口よしのりについて
活動記録
活動記録
政策・実績
政策・実績
リンク集
リンク集

▲このページの先頭へ